最新号
バックナンバー
imageリンク集


最新号
バックナンバー
リンク集


通信販売


採用情報
会社概要

Google






正式名称
●株式会社 インロック

所在地
●愛知県瀬戸市西原町1丁目86番地 インロック社ビル2F

資本金
●1000万円

取引銀行
●瀬戸信用金庫 本店


出版部門

月刊イン・ロック
●編集部 編集・翻訳・デザイン
※隔月刊誌として発売しておりました『ムービー・スター』は
2009年秋リニューアルにともない季刊誌として発売となりました

★株式会社インロック発行の増刊号一覧


マーチャンダイジング部門

ロックセールス社
●主に英・米両国で発売されているアーティストの関連グッズ、出版物を直輸入し、
通信販売で売る。年間売り上げは1億円を軽く上回る。

株式会社インロック 商品部
●キャラクター、映画、アーティストのライセンスグッズを製作・販売

●商品に関するお問い合わせ
TEL:0561-85-6262
MAIL:products@inrock.co.jp


(取扱キャラクター、映画、アーティスト)
USAVICH(ウサヴィッチ)
ホビット
ロード・オブ・ザ・リング
スパイダーマン
アベンジャーズ
フランケンウィニー
アラジン
リトル・マーメイド
くまのプーさん
メリダとおそろしの森
マーベル・ヒーローズ
紙兎ロペ
フィニアスとファーブ
ブクブクアワー
ジョン・カーター
ガーリー・ベア
キッド・ロビン
マペッツ
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ブクブクアワー
ソフトさんの悲劇
やさぐれぱんだ
ハリー・ポッターシリーズ
トワイライト
パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ
インディ・ジョーンズシリーズ
ライラの冒険
ナルニア国物語
塔の上のラプンツェル
トロン:レガシー
アリス・イン・ワンダーランド
スティッチ
ウォーリー
ファインディング・ニモ
ボルト
カールじいさんの空飛ぶ家
トイ・ストーリーシリーズ
モンスターズ・インク
カーズ2
ティンカー・ベル
ハンナ・モンタナ
ハイスクール・ミュージカル
キャンプ・ロック
魔法にかけられて
グレムリン
かいじゅうたちのいるところ
プリズン・ブレイク
スーパー・ナチュラル
ジョナス・ブラザーズ
ゼブラヘッド


(お取引先様‐50音順‐)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
MTV Networks Japan株式会社
角川映画
株式会社クラウン・クリエイティブ
株式会社小学館集英社プロダクション
株式会社メディアファクトリー
ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社



事業部

尾張旭市最大のショッピング・モール、ベル・コートに、188坪の書店を経営。
出版部門のアンテナ・ショップとしての側面も持つが、瀬戸・尾張旭市地域では、最も人気がある書店でもある。
年間売り上げ高約2億5千万円


株式会社インロック直営書店一覧

こみかるはうす本店ベルコート
〒488-0021
愛知県尾張旭市狩宿町4丁目73-74
Tel.0561-54-4946

こみかるはうす藤が丘店
〒465-0033
名古屋市名東区明が丘51シャトー藤が丘1F
Tel.052-768-6350

こみかるはうす名古屋駅店
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目8-14 三井ビル北館B1F 新名フード地下街
Tel.052-561-5877

こみかるはうすバロー新瀬戸店
〒489-0066
愛知県瀬戸市東横山町92
バロー新瀬戸ショッピングセンター1F
Tel.0561-89-4946

こみかるはうす関店
〒501-3936
岐阜県関市倉知516
サンサンシティマーゴ2階
Tel.0575-21-0247

こみかるはうす可児店
〒509-0203
岐阜県可児市下恵土5750
ヨシヅヤ 可児店3F
Tel.0574-60-1123

こみかるはうす大口店
〒480-0141
愛知県丹羽郡大口町上小口1−754
バロー大口ショッピングセンター1F
Tel.0587-94-0177

こみかるはうす江南店
〒483-8259
愛知県江南市上奈良町栄61-3
平和堂 江南店2F
Tel.0587-51-2170

こみかるはうす尾西店
〒494-0007
愛知県一宮市小信中島字郷東2420番地
平和堂 尾西店1F
Tel.0586-63-2000



2月
加藤、英国での1年に及ぶ留学を終え、帰国。在英中に集めた写真、インタビューを元にブリティッシュ・ロック専門誌イン・ロック発刊を決意。友人数人とすぐ準備に入る。ちなみに、創刊号に使った写真のほとんどは、後に有名になった写真家ハービー・山口氏の撮りおろし。当時ロンドンに住んでいた氏は、「出世払いでいいヨ」と、気楽に撮影を引き受けて下さった。他にも、サイモン・ネピア・ベル氏(後にワム!ジョージ・マイケルを発見、マネージャーに就任)ら、留学中に知り合った方々の、無私の協力があって初めて、何の後盾もない学生達による雑誌が完成した。

5月
発刊。すぐ紀伊国屋書店全店及び三省堂書店など、全国チェーンを持つ有力書店が直取り引きによる取り扱いを決め、2〜3カ月でほぼ完売。特にお茶の水にある石橋楽器では、100冊単位で送っても、数日で完売し、最終的に700冊を売り切った。 事務所代わりに使っていた加藤の自宅には、「嬉しい!」「感激した!」という読者の手紙が1000通近く届き、1冊で終わるかも…と思われていたイン・ロックは、2号目を出すことに。
以降、'80年の末まで、不定期ながら部数を伸ばしつつ、発行へ。


1月
初めて伺ったのに関わらず、四大取り次ぎのひとつ、大阪屋が契約を快諾。世界で通用するインターナショナル・コード・ナンバーを与えられ、一般雑誌として書店に配本されることに。しかし、大阪屋のシェアは関西中心で、それ以外の地域では、依然直取り引きによる販売が続いた。この年出した5号から季刊の定期刊行物になる。

8月
業界最大手の東販及び日販とも取り引きを開始し、全国の書店90%に自動配本されることに。このため事務所半数が大幅に簡略化され、編集に集中できるようになり、イン・ロックも隔月刊になった。又、イン・ロックの増刊BOYも創刊される。

1月
当時としては珍しいメタル専門誌、ヘヴィ・メタル・マグ発行。

12月
BOY2発行。バンド・エイドが特集。表紙はライバル同士で犬猿の仲と言われたボーイ・ジョージとサイモン・ル・ボンの仲良しツー・ショット。これ以降BOYは隔月刊に。


2月
BOYを廃刊し、イン・ロックに1本化。それに伴い、イン・ロックを月刊にした。競合誌はたくさんあったが、売れ行きは上々。

5月
瀬戸市西原町にあった旧太田陶苑跡(約250坪)を、銀行の仲介で購入し、11月に移転。ロックセールスを設立し、
アーティスト・グッズを直輸入し、読者に販売を始める。


3月
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの人気に火がつき、来日特集号(第88号)は、発売同時に完売。緊急に再印刷が決定。月刊雑誌が再版されるという前代未聞の伝説号となる。

1月
発行部数が10万部を超え、ロッキン・オン、バーンに続き、業界第3位の部数に。以降現在まで、第3位の地位を死守している。

3月
創刊100号を迎える。表紙は当時一番人気のジョーダン・ナイト(NKOTB)。

11月
イン・ロックの増刊としてムービー・スター創刊。隔月刊として発行される。

4月
瀬戸市と名古屋市を結ぶ国道363。その道沿いの一等地に122坪の土地を購入し、3階建のイン・ロック社ビルが完成。

5月
インロック社ビル1F、2Fに、アンテナ・ショップとして書店(こみかるはうす)を開業。

9月
こみかるはうすが、新しくできたパワーシティ型ショッピング・エリア、ベルコートに移転。あいたインロック社ビル2Fに、編集部以下、本社全部が移転。1Fは、NTTドコモの瀬戸店に賃貸し。

1月
こみかるはうすの売り上げが、瀬戸・尾張旭地区でトップに。188坪の書店2Fには、ビデオの全国シェア・トップを誇る、CS流通の直営店サウンド・ベイが入店。

4月
イン・ロック5月号増刊として、テイク・ザット・メモリアル&ニュー・ブリット・アイドルズという写真主体の雑誌を発行。

5月
創刊以来150号突破。この号では絶大な人気を誇ったアイドル・グループ、テイク・ザットのラスト・インタビューを掲載。

10月
MR.BIGやボン・ジョヴィ等、ハード・ロックの人気沸騰を機に、イン・ロック11月号の増刊として、
ヘヴィ・メタル専門誌ヘヴィ&ヘヴィを発行。


1月
事業拡大に伴い、株式会社を設立。しかし、それ以前でも健全な経営内容を評価され、メイン・バンクである瀬戸信用金庫の顧客リストでは、Aプラス(最高位)にランクされていた。

5月
ムービー・スターが月刊に。ロードショー、スクリーンに続き、業界第3位の部数を誇る。以来、映画関係の取材が急激に増え、'97年だけでも、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、サンドラ・ブロックら、ハリウッドのトップ・スターのインタビューに成功。

9月
イン・ロックが来たる21世紀に対応し、デザインを一新。ポスター、ギャラリー・ページ、カラー・ページを増やし、
ヴィジュアル面でも目を惹く雑誌に。


12月
レオナルド・ディカプリオ来日特集号のムービー・スター35号が15万部をほぼ完売。その後も飛躍的に部数を伸ばす。

1月
空前のレオ・ブームで、ロックセールス社に注文が殺到。1カ月の売り上げが2000万円を超え、主婦パートを倍増して対応にあたるが、パニック状態になる。

3月
(株)CS流通の前取締役のエデュケーター、宮本氏と契約し、社員教育及び、会社の5年計画を作成。その指導の元、
将来の株式店頭公開を目指し、会社の基盤作りに着手する。


5月
ムービー・スター40号が月刊化1周年を迎え、特製メッセージ・シールが付き、ギャラリー・ページができる。
また、大ヒット感謝記念として、表紙テレカを愛読者全員にプレゼント。